本文へジャンプ

住宅ローン滞納している方へ

住宅ローンの滞納が続いた場合

住宅ローン全額の一括返済を請求される

3カ月~6か月分の支払いを滞納し、借入先から滞納分を督促されても支払わないでいると、借入金全額の一括返済を請求されます。

保証会社が代わりに弁済

一括返済の期限が過ぎれば、保証会社が付いている場合、保証会社が代わりに借入先に借入金全額を一括で支払います。その後、保証会社から残債務の一括返済を請求されます。

競売申立(裁判所を通じた売却)

さらに一括返済の期限を過ぎれば、裁判所に自宅の競売申立てがなされます。その後、裁判所で競売手続きが行われ、入札により買受人が決定します。競売開始から買受人が決まるまで6か月以上かかります。

買受人に自宅を明け渡し

買受人が代金を納付したら、自宅の所有権は買受人のものとなるため、自宅を明け渡さなければいけません。明け渡しに応じなければ、強制執行によって退去させられます。

住宅ローン残金の請求

競売の売却代金は全額住宅ローン債権者に支払われますが、不足分がある場合は、支払義務は免除されませんので、その後も住宅ローン残金の請求が続きます。

最悪の場合、家を手放しながら支払いだけは続くという状況になります。
このようにならない為に、以下の4原則を守って行動しましょう!

滞納が悪化しないための4原則

初回相談料は無料

借金をすれば、住宅ローンの返済に加えてさらに借金の返済も加わることになります。そして、また返済のために借入れを繰り返す自転車操業になってしまい、あっという間に借金がふくれあがるというのが一般的な破たんのパターンです。借金で借金を返さないこと。これは鉄則です。

夜間や休日もOK

例えば浪費が原因の場合、浪費をやめて家計管理をしっかり行い、必要ならば任意整理や個人再生を行って他の借金を整理すれば、今後は延滞せずに住宅ローンの支払いが可能になります。また、収入の大幅減が原因の場合は、この先ローンを支払えるのかを慎重に検討する必要があります。

家計簿をつけて家計の収支を把握しましょう。

家計の収支を把握することは、今後の住宅ローンの返済に必要不可欠なことです。まずは1カ月間つけてみて、収支を検討してみましょう。実際の収支を数字で見ることによって、家計の問題点が明らかとなり、ムダな支出をおさえるようにもなります。

とにかく早めに相談に行きましょう。

実際に相談を受けていて「もう少し早く相談に来てくれていたら、家を手放すことはなかったのに…」ということがよくあります。手遅れになる前に、早めに手を打つことが肝心です。 また、相談することで気持ちが楽になり、問題点を整理することができます。

ではどこに相談したらいいの?

主な相談先と特徴

借入先の金融機関に相談する場合

住宅ローン以外に借金はなく、今後の住宅ローンを支払いながら延滞分も支払っていけるような場合は、住宅ローン債権者である金融機関に行って延滞分をどうやって支払っていくかについて相談をしましょう。なお、ローンの毎月の支払額を減らすなどの返済条件を変更してもらうには、原則として延滞がないことが条件となりますので、まずは延滞分の解消が必要となります。

不動産業者に相談する場合

  • 住宅ローンを支払える見込みがなく、自宅を手放すことを決意している。
  • 自宅を売却した代金で、住宅ローンの残金を全額清算できる見込みがある。

このような場合は、不動産業者に相談して、自宅を査定してもらいましょう。住宅ローンの残高より高く売れそうな場合は仲介を依頼して、早めに売却してもらいましょう。
また、自宅を売却しても、住宅ローンが清算できない場合は、残りのローンについて支払義務がありますので、弁護士や司法書士に相談して、破産や任意整理などの手続きをすることをおすすめします。不動産業者は、売却の仲介をするだけで、残りのローンの処理まではできません。

弁護士・司法書士に相談する場合

  • 住宅ローン以外にカードローンなどの借金がある。
  • できれば自宅は手放したくない。または手放すかどうか迷っている。
  • 自宅の維持はあきらめ、破産することに決めているが、どうしたらいいかわからない。

このような場合は、借金問題に詳しい弁護士・司法書士に相談しましょう。そして、現状と今後の要望を話してみて、対応策を聞いてみましょう。弁護士や司法書士に相談すると、破産するように勧められるというイメージを持たれる方もいるようですが、決してそんなことはありません。任意整理や個人再生などを利用して住宅ローン以外の借金を整理することもできますので、まずは早めに相談してみましょう。

オレンジ法務事務所におまかせください

オレンジ法務事務所におまかせください

当事務所では、あなたの現状とご要望をじっくりおうかがいいたします。その上で、マイホームを守ることが可能かどうか、また、そのためにすべきことは何かということを親身にアドバイスさせていただきます。
なお、依頼者のご要望をできる限り実現できるように努力させていただきますので、最終的な方針は、じっくり検討し、納得していただいたうえで決定することにしています。決して、こちらの意見を押し付けたりするようなことはいたしませんのでご安心ください。
ひとりで悩むより、まずは相談。ささいなことでもかまいませんので、お気軽にお問い合わせください。

最後まで責任をもってサポートいたします

万策尽きて、マイホームを手放すことになった場合、借金の整理の他に、自宅の売却や引越しの準備など、様々な手続きが必要となり、問題も発生してきます。当事務所は、借金の処理だけでなく、必要となる手続きについて最後まで責任をもってサポートいたしますのでご安心ください。また、自宅の売却や引越し先の手配などが必要な場合は、信頼のおける不動産業者をご紹介することもできますので、お気軽にご相談ください。

アクセス

  • 司法書士自信も多重債務者でした。債務整理に対する想い
  • 司法書士オレンジ法務事務所のブログ
  • 司法書士オレンジ法務事務所の相続・後見人

このページの先頭へ