本文へジャンプ

債務整理に対する思い

自分にも経験があるからこそ、誠実に対応したい

実は、私自身も多重債務を経験しています

実は、私自身も多重債務の状態だった時期があります。
私は20代の頃、まあ、いろいろとありまして、サラ金数社から借金をして自転車操業の状態で苦しんでいました。
当時は、債務整理に関する情報も少なく、相談窓口も今のように充実していませんでした。また、私自身が法律のことなどまったく無知だったため、債務整理をすることなど考えられませんでした。

気持ちがよくわかるから、力になりたい

だから、借金の悩みについては、本当によく理解できます。
支払日を過ぎた後にかかってくる電話の恐怖…
当座の生活費がなくなり、もう限度額一杯だから借りられないと思いつつ、念のためATMで確認してみたところ、あと1万円借りられた時の安堵感とサラ金に対する複雑な感謝の気持ち…
「もう、どうなってもいいわ」と投げ出したくなる気持ち…
こんな経験があるからこそ、相談に来られる方には親身に対応したいと、心からそう思っています。平穏な生活を取り戻せるよう、お役に立てれば幸いです。

債務整理は昔から特化して行なってきました

私は、平成15年に司法書士試験に合格し、翌年から司法書士事務所に勤務するようになりましたが、その当時から債務整理を中心に業務をしてきました。
今でこそ、弁護士も司法書士も債務整理を積極的に受任するようになっていますが、当時、債務整理はごく一部の人しか真剣に取り組んでいないような状況でした。
我々の業界では「他に仕事がない人がやるもの」といった感じで見られていました。まあ、珍しがられたり、バカにされたり、いろいろありましたが…。

複雑な案件にも取り組み、ノウハウを蓄積

そして平成18年に過払金返還請求を認容する最高裁判決があり、過払金の返還請求が容易になってから、今までやっていなかった弁護士・司法書士も一斉に債務整理を受任するようになっていったわけです。

それでも、複雑な事情がある案件や、ヤミ金などはやりたがらない人が多いのですが、私はどんな厄介な案件でも断らずに受任していたところ、自然とそういう案件が数多く回ってくるようになりました。そのおかげで、様々なノウハウを蓄積することが出来ました。今後も、どんな案件であっても対応していきたいと思っています。

アクセス

  • 司法書士自信も多重債務者でした。債務整理に対する想い
  • 司法書士オレンジ法務事務所のブログ
  • 司法書士オレンジ法務事務所の相続・後見人

このページの先頭へ