本文へジャンプ

よくあるご質問

相続登記に関するご質問

どの不動産が被相続人の名義なのかわからないのですが?

自宅の土地建物以外に山林や田畑などが多数あって、どれが被相続人名義になっているのかよくわからないというケースもあると思いますが、当事務所で責任をもって調査いたしますのでご安心ください。

費用は全部でいくらかかるのでしょうか?

当事務所では、お問い合わせいただけば概算の見積もりをさせていただきます。また、正式な手続きのご依頼を受ける前に、明確な見積もりを提示させていただき、ご納得いただいた上で手続きに着手いたします。その際に、追加料金がかかる可能性がある場合は、その内容と見込まれる金額についてもご説明させていただきます。ご不明な点があれば、その都度ご質問ください。

相続税はかかるのでしょうか?

相続税は基礎控除額が多いため、課税されるケースはあまりありません。司法書士は税務に関して正確なアドバイスはできませんが、課税されそうな場合は、信頼できる税理士をご紹介することもできますので、お気軽にお申し付けください。

相続放棄に関するご質問

被相続人に借金があったかどうか調べたい。

まずは、被相続人の自宅にある書類や郵便物をチェックしてください。クレジットカードや請求書などがあれば、相続人からその会社に連絡して現在の借入れの有無や残高を照会することができます。また、消費者金融、クレジット会社、金融機関からの借入れについては、信用情報機関に請求して被相続人の信用情報を取得して借入状況を確認することができます。
金融機関や貸金業者以外の借入れについては、手がかりとなる資料がなければ、故人と親しかった方や仕事上の関係者に聞き取りをする場合もあります。多額の借金がありそうな場合は、専門家に相談するようにしてください。

被相続人の遺産の中から葬儀費用を支払っても相続放棄はできるのですか?

葬儀費用は、常識的な範囲内であれば相続財産の中から支払っても問題ないとされていますが、必ず支払いをする前に専門家に相談してください。また、香典については、葬儀費用に充てるために喪主に対して贈られるものであるため、相続財産ではありません。

相続放棄をすると遺族年金や生命保険金も受け取れないのですか?

遺族年金の受給権は相続財産ではありませんので受給することができます。生命保険金も相続財産ではないため、受け取ることができます。

相続放棄が出来ずに借金を相続してしまった場合はどうすればいいですか?

借金を相続してしまった場合、まずは詳しい借金の内容を調査する必要があります。借金の中にはすでに時効に掛かっていたり、過払金が発生しているものがあるかもしれません。調査をした上で、正確な借金総額を把握して、払えるかどうかを検討しましょう。多額の借金がある場合は、債務整理や自己破産などの手続を検討する必要があります。

成年後見に関するご質問

成年後見人は誰になってもらえばいいのですか?

適任者がいる場合は、後見申立書に候補者として挙げ、その候補者が審判で選任されれば成年後見人に就任します。適当な候補者がいない場合や、候補者が家庭裁判所に不適格であると判断された場合は、家庭裁判所が司法書士や弁護士などの第三者を選任することになります。

成年後見人はいつまで支援をする必要があるのですか?

成年後見人は、本人(被後見人)が死亡するまで後見事務を続けることになります。ただし、不適切な行為をして家庭裁判所から解任されたり、後見人自身が死亡した場合は終了となります。また、成年後見人は正当な理由がないと辞任することができません。

成年後見人の仕事に対して報酬はもらえるのですか?

成年後見人は就任後、1年毎に家庭裁判所に報酬付与の申し立てをすることができます。家庭裁判所は、成年後見人が行った仕事の内容や本人(被後見人)の財産状況などを考慮した上で報酬金額を決定します。決定した報酬は、本人の財産(現金・預金)から支払われることになります。

アクセス

  • 司法書士オレンジ法務事務所のブログ
  • 司法書士オレンジ法務事務所の住宅ローン返済

このページの先頭へ